秋の味覚のサンマの塩焼きを猫たちにもおすそ分け

昨日の夕食は秋の味覚の代表格であるサンマの塩焼きでした。
大根おろしを添えてポン酢をかけて食べると非常にご飯が進んでたまりません。
しかし、その大根おろしがとても辛くて舌をヒリヒリさせながら食べたのは辛かったです。
他には茄子とピーマンとちくわの味噌炒め、芋茎の酢の物がありました。
味噌炒めはこれもご飯が進むので好きです。
芋茎はそんなに好きではないのですが、たまに食べると独特の味と酢で口がさっぱりとさせられることからどちらかと言うと好きで出されると必ず食べます。
魚が食卓に上ると猫たちが少し興奮気味になり、いつもよりも食卓に近づいたり、そこの椅子に乗って食卓の上を興味深げに見回すのを私はほのぼのした気持ちで眺めます。
私が食卓に着く前に既に母がサンマの頭を2匹ともにあげたと言っていました。
本当は猫の健康のために人間の食べ物をあげてはいけないのですが、好きなものを食べないで何が人生かとも思います。
なので猫は普段は猫用のエサを食べさせ、たまにこういった形で嗜好品のように食べたがるものをあげて良いと思うのでした。http://xn--nckgu1cyjxdpc5953bnzxg.xyz/