衆議院選挙のあり方?一票の格差問題とは?

2014年に行われた衆議院選挙では、一票の格差が最大で2.13倍に開いたという。

そのため、最高裁判所は、この一票格差問題を違憲状態であると判断した。

前回行われた衆議院選挙では、小選挙区の区割りが見直されて、さらに議席数を10席減らし、全議席数が465隻と改められて、一票格差が2倍を超えないような状態に見直されて実施されたのである。

全国で有権者数が一番少ないのは、鳥取1区であり、有権者数が1番多い東京13区と比較して1.984倍という格差に収まったのである。

選挙制度の一票格差問題は、以前から取り上げられていた問題であるが、そもそも有権者が選挙に対して真摯に取り組んでいるかという方が大きな問題であろう。

特に若い世代を中心として、選挙離れが加速しており、自分たちの未来を託していく政治家すら選ばないようなある意味で無気力な社会体質になっていると評価される。

日本の将来について、きちんと考えるならば、若者が選挙に興味を示し、有権者全体の意見が反映されるような教育とシステムを構築しなければならないと考える。在籍確認 キャッシング