今年も我が家のちっちゃな畑もこれから序の口といわんばかりに、根底を撒き苗を植えて拳固をいれているのだけれど、もうもう甲斐できそうなものがあります。
それはニラ。

ニラの理想なパーツ
甲斐しても甲斐してもたちまち生える!
家事菜園では至って上手に育てないとほんのり小さめのニラが生まれるのですが、刈ってもあしたにはあるのが極める生命パワー。
水と肥料を十分に与えていれば、春からスノーが落ちるまで甲斐を繰り返せます。
刈るたびに少しずつ痩せていきますが、そうしたら株を寝かせると来季には復活します。

疾病知らずで非常に強固!
サビ疾患という疾病はありますが、露地生産では意外と確かめるものではないだ。
せめて建物ではまったく拳固をかけていませんがニラだけは毎年元気そのものです。
何か疾病や害虫にかかってもとりわけその部分を刈ると何事もなかったかのように生えることも手広く、また繰り返すのも簡単なので悪い部分を抜くのも気楽にできます。

問題は根底からの時、甲斐まで2時増えるくらいで、何とか適当に育てても育つ著しい野菜だ。
在るものを見るとどうもただの草にしか見えないのですが、野菜を食べたい初心者には絶対にお求めしたい階級だ。ミュゼ 料金 プラン