テレビドラマ「シェアハウスの恋人」第8話を見ました。
辰平が突然に光り出すという、どうとらえたらいいのか分からない展開になってきました。というか、辰平はほんとにほんとに宇宙人だったんですね。いや信じていなかったわけではないのですが、改めてそういう方向に話が行ったので少しびっくりしました。反対に、スーパーの同僚である早苗さんが火星人だというのは嘘だったんですね。
色々と話を一気に聞かされて、混乱しまくる汐の弟くんがなんだかかわいそうに見えました。でもそこで黙っていないのが弟くんのすごいところで、なんと辰平が歌っていた宇宙語の歌を録音して訳すことに成功。これには笑ってしまいました。さすが弟くん、すごいです。
そして、シェアハウスを出た汐が職場のメグちゃんと距離を縮め、仲良くなっていたのを微笑ましく眺めました。酔っ払いの男役で、戸次重幸さんが出演していたのも面白かったです。なんだかんだで汐と辰平は想いが通じ合ったようでなによりです。次回二人がどんな道を歩むことに決めるのか、注目したいと思います。