外国人学習支援センターで日本語を学んでいる日本に住む外国の人が「日本で気になること」を調べた結果を紹介する発表会が開かれた、というニュースを見ました。その中に「日本人はなぜ遅刻しないのか」という項目があり、ちょっと興味を持ちました。
それを発表した外国人は、遅刻に怒る日本人の友人との価値観の違いに疑問を持ち、調べたのだそうです。すると、多くの日本人は交通機関や行先を事前に調べ、5分前に約束の場所に着くということがわかったのです。この結果に対してその外国人は「日本人は相手の気持ちを考えて行動する。そのひとつが時間を守ること」と総括しています。
日本人を褒めてくれるのは嬉しいのですが、私は相手の気持ちを考えて遅刻しない訳ではないので、この指摘にはちょっと気恥ずかしい気もしました。私の場合は、自分が時間を守らないだらしない奴だと思われたくないから、という理由からです。ですから、相手が時間を守らないタイプの人間だと分かったら、次からは自分も時間を守らずいい加減な付き合いをすると思います。
外国人からどう見られているのか、というのは日本人の好きなテーマですよね。このニュースに目をとめたのも、私が典型的な日本人だからだと思います。